ニッチェの近藤くみこの出身は四日市?でも高校はどこ?実はダウン症だったって本当!?

Sponsored Links

 
 

ニッチェ

ニッチェといえば、
最近人気急上昇中の
女性お笑いコンビですよね。

江上敬子さんがと、
近藤くみこさんの二人のコンビです。

 

江上敬子さん=太っている方
近藤くみこさん=痩せている方
と覚えている人も多そうですね。

今回はニッチェの中でも痩せている方の、
近藤くみこさんについて色々調べてみました。

一体どんなことがわかったかというと・・・

Sponsored Links

 

まずは近藤くみこさんのプロフィールから見てみましょう。

 

生年月日:1983年1月4日

出身地:三重県四日市市

身長:152センチ

体重:59キロ

趣味:ドラマ鑑賞・サッカー観戦・映画鑑賞

特技:歌・ピアノ・書道・ハモリ

血液型:O型

 

ニッチェの中では「痩せている方」でしたが、
プロフィールを見ると、152センチの59キロですから、
お世辞でも痩せているとは言えませんね・・・。

体系的には意外とアジアンの馬場園さんにも近いような気がします。

馬場園さんといえば、
アジアンでは完全に「太っている方」ですからね。

アジアンの「痩せている方」の隅田さんと一度並んでみて欲しいですね(笑)

 

 

そして、プロフィールからもわかるように、
近藤さんの出身地は、三重県の四日市(よっかいち)市のようです。

しかし、
どれだけ探してみても、高校の情報が出てきません。

それどころか、
小中高ともに全く出てこないのです。

このところ、テレビで大活躍中ですから、
そういった情報が出てきても不思議では無いのですが。

 

芸能人の方って割りとテレビで母校を訪問したり、
学生時代の先生がサプライズゲストとして登場したりしますからね。

単に近藤さんが話していなかったり、
たまたま話題に上がらなかったりするだけなのでしょうか。

それとも、何か隠しておきたい事情でもあるのでしょうか?

気になるところですね。

 

 

ところで、近藤さんについて調べていると、
検索ワードに「ニッチェ近藤 ダウン症」と出てきました。

もしかして、これが高校にも関係しているのでしょうか?

 

ここで、ダウン症について補足をしておくと、

正式名は「ダウン症候群」。昔は「蒙古症」とも呼称した。
染色体の異常が原因の症状。人間の染色体は46本あり、1番から22番はペアになっている。ダウン症の場合、21番目の染色体が通常より1本多く3本存在する。これを21トリソミーとも呼ぶ。
染色体の異常がなぜ起きるのかは、今現在の医学でも不明である。卵子と精子が作られた時の異常という意見がある。大部分は遺伝的なものでもなく、人種による発現の偏りはないと言われている。要するに、誰にでもありえる症状ともいえる。
身体的特徴としては「顔が平たい」「目がつりあがってる」「目と目の間が開いている」「長い舌」「太く短い首」「太く短い指」「猿線(俗に「マスカケ」と呼ばれる、横一直線の手のひらのシワ)の発現」「全身の筋力の低下」「心臓の異常」「食道閉鎖症」など。内臓にも異常が起こる例が多い。

こういった生まれつきの障害のことですね。

 

そして、近藤さんですが、
おそらく、上記の中の「身体的な特徴」から、
そういう噂が立ったものだと思われます。

他にも「身体的な特徴」から、ダウン症と噂されている芸能人がいますが、
おそらくほとんどがガセでしょう。

なぜなら、ダウン症の方は、
疲れやすい方が多いそうなので、
芸能界のような仕事をすることは中々難しいと言われているからです。

 

芸能界では、時間も不規則ですし、
売れたら途端にバタバタ仕事も入りだすと言われていますからね。

そう考えると、
芸能界というのは、人並み以上の体力が必要な仕事のようです(苦笑)

 

ちなみに、ダウン症を公表している人として、
松野明美さんのお子さんや、六平直政さんの弟さん、
高嶋ちさ子さんのお姉さんなどがいます。

ダウン症の発現の割合はは約1000人に1人とも言われているようなので、
実はそこまで物珍しいと言われるものではないようですね。

ニッチェ近藤くみこ

それにしても、やっぱり近藤さんの小中高が出てこないことに、
何かしら関係している可能性も完全には否定できません。

これからの番組内でもしかしたら母校訪問などあるかもしれませんので、
今後も近藤くみこさんから目が離せませんね!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年9月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:芸人 芸能界の噂

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ