松坂桃李の父は東京福祉大学で心理学の教授をしている!?桃李さんは産業能率大学卒業?

Sponsored Links

 
 

松坂桃季

松坂桃李さんといえば、
「侍戦隊シンケンジャー」の
シンケンレッド役でしたね。

秋からのドラマでは
「ダンダリン労働基準監督官」
にも出演されるそうです。

 

最近俳優として人気が出てきた松坂桃李さんですが、
そのお父さんがちょっとした話題になっているようです。

それは松坂桃李さんのお父さんの職業についてなのですが・・・

Sponsored Links

 

まずは松坂桃李さんをあまり知らない人の為に
プロフィールからご紹介しましょう。

生年月日:1988年10月17日

身長:183センチ

血液型:A型

好きなもの:「ONE PIECE」、「BUMP OF CHICKEN」

休日の過ごし方:1人で映画館、1人で焼き肉

 

松坂桃李という名前って
かなり珍しい名前だと思いませんか?

これが本名なのか気になっている人も多いかと思います。

 

調べてみたところ・・・

なんと、本名らしいです!

 

最初に名前だけ見た時は「桃」という字が入っているので、
てっきり女の人だと思っていました(笑)

これは本人も気にしていたそうで、
学生時代はからかわれたこともあったみたいですね。

名前の由来については少し長くなるので、また後ほど。

松坂桃季2

デビューのきっかけは、
「チャレンジFBモデル2008オーディション」というオーディションで、
グランプリを受賞したことだったそうです。

このオーディションに合格すると、
「FINEBOYS」という雑誌での専属モデルになることが出来るそうです。

また、芸能事務所トップコートの養成所である、
「Artist★Artist」にも入ることが出来るんだとか。

まさに芸能界への入り口となるオーディションなんですね。

 

トップコートには、
木村佳乃さんや成宮寛貴さん、
佐々木希さんや杏さんなど既に有名な方も結構所属しています。

しかし、調べてみたところ松坂桃李さん以外は
まだこのオーディションで有名になった人はいなさそうです。

ちょっと残念ですが、今後の新人さんにも期待がもてますね。

 

 

そして、気になるのが、
松坂桃李さんのお父さんの職業について。

実は、東京福祉大学で教授をされているそうなんです。
専攻は心理学なんだとか。

結構お堅い職業ですよね。

 

先ほど少し触れた名前の由来ですが、
こちらも「お堅い」感じで、ある意味「大学教授ならでは」という気がします。

私だったらこの由来は絶対に思いつきません(苦笑)

 

名前には2つの由来があるそうです。

まず、1つ目に中国の歴史家司馬遷の「史記」の、
「桃李不言下自成蹊」という言葉から。

そのまま訳すと、

桃や李は口をきいて人を招くことはしないが、
良い花や実があるので人々が争って来て、結果として自然に小道ができる。

とのこと。

「徳のある誰からも慕われる人」になって欲しい、
というお父さんの願いが込められているそうです。

 

そして、2つ目が「桜梅桃李」という、
中国の故事の言葉から。

こちらもそのまま訳すと、

桜は桜の、梅は梅の、桃は桃の、
李は李の特徴を改めることなく、生かしていく

という意味があるそうです。

「自分らしさを大切に」して欲しい、
というお母さんの願いが込められているそうです。

 

名前の由来がちょっと難しすぎますよね(苦笑)

ただ、とっても愛情が込められているというのもしっかり伝わる名前です。

 

ところで、大学教授の息子である松坂桃李さんですが、
どこの大学へ通っていたかご存知でしょうか?

産業能率大学の経済学部へ通っていたそうです。

ちなみに、偏差値は51~55ということで、
さすが大学教授の息子さんだけあって頭は悪くないようです。

ただ、オーディションに応募したのが20歳の時、
その1年後には「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビューでしたので、
途中からほとんど出席できていなかったものと思われます。

松坂桃季

おそらく、休学か退学という形を取っているのでしょう。

今後また通うというのもスケジュール的には厳しいでしょうから、
おそらく現在休学という形でも退学せざるを得なくなるでしょうね。

大学で教鞭をとられているお父さんからすると、
少し悲しいお話になるかもしれません。

 

ただ、「ダンダリン労働基準監督官」も決まっていますし、
現在は俳優として絶好調ですから、このまま頑張って行って欲しいですね!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年9月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:俳優・女優

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ