濱田マリは元々歌手でモダンチョキチョキズのボーカルだった!?筋肉が凄いのもそのおかげ?

Sponsored Links

 
 

濱田マリ2

濱田マリさんとえいば、
ドラマや映画の中で
存在感がある女優さんですよね。

10月からの新ドラマ
「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」
にも出演されるようです。

 

そんな女優として活躍中の濱田マリさんですが、
元々のデビューは歌手としてのデビューだったんですね。

今回はそんな意外と知られていない濱田マリさんについて、
色々と調べてみました。

Sponsored Links

 

プロフィール

 

生年月日:1968年12月27日

出身地:兵庫県神戸市

身長:152センチ

血液型:B型

 

元々は関西のライブハウスを中心にして、
「砂場」というバンドグループを組んでいたようです。

そして、「三宅裕司のいかすバンド天国」などの音楽番組に出たようですが、
これがかなりボロカスに言われたそうなんですね。

なぜそんなにボロカスに言われたのかというと、

「不思議ちゃんを演じていると、審査員の人が気に入ってくれるかもしれない。」

ということで、不思議ちゃんキャラを演じていたからみたいです。

少し前で言うと小倉優子さんのような感じでしょうか。

その後どうなったかといえば、
関西に帰った後にすぐに解散してしまったそうです。

 

次に組んだバンドグループが、
モダンチョキチョキズというバンドだったんですね。

こちらはバンドを組んだ翌年にメジャーデビュー。
「ジャングル日和」や「自転車に乗って」などが代表曲です。

「ジャングル日和」の「だっよ~ん」という歌詞は、
あのビートたけしさんもお気に入りだったようで、当時よく使っていたんですね。

実はビートたけしさんは濱田マリさんがお気に入りなようで、
その後の「血と骨」という映画にも繋がったという話は有名ですね(笑)

 

そんなモダンチョキチョキズですが、
実は1997年から活動を休止してしまっているんです。

今は女優業も忙しいでしょうから、
もう少し余裕が出てきたらぜひまた活動して欲しいですね。

 

 

そして、実は濱田マリさんといえば、
筋肉の鍛え方がかなり凄いんです。

これも歌手活動の一環かといえば・・・全く関係なかったです(笑)

実は濱田マリさんの趣味がフリークライミングなんですね。

 

フリークライミングとは?というと、
石が付いている壁を登ったりするスポーツですね。

最近若い人を中心に流行っていますが、
様々な体勢で登るので、全身に筋肉がつくようです。

フリークライミングの影響から体が鍛えられ、
腕に至っては、今では男性顔負けの筋肉の付き方なんですね。
濱田マリ
女性でこれはかなり凄いですね。

ぜひアスリート系の番組への出演をしてみて欲しいな、
と思うのは私だけではないはず・・・(笑)

それにしても、衣装などを着ていると
特段に目立たつことがないというのもまた凄いところです。

 

 

ところで、濱田マリさんについて調べていると、
「fnsうたの夏まつり2013 濱田マリ」
「濱田マリ 浜田麻里」
という検索ワードが出てきます。

どういうことかとさらに調べてみると、
実は同姓同名の「浜田麻里」さんという歌手の方がいるんですね。

 

知らない方の為に補足をしておくと、
1988年には、NHKのソウルオリンピックNHK中継テーマソング『Heart and Soul』
1989年には「Return to Myself ~しない、しない、ナツ」
などのヒット曲を持つ歌手の方です。

 

しかし、1996年から活動を休止しており、
2002年からはまた活動を開始したものの、ライブが中心で、
テレビにはほとんど出演がなかったみたいなんですね。

そこで、fnsうたの夏まつりで久しぶりにテレビで見た人が多かったことから、
検索が急上昇したものの、同姓同名の濱田マリさんの検索も上がってしまったということのようです。

モダンチョキチョキズ

濱田マリさんも歌手活動をしていたので、
どちらか分からなかった人もいたのでしょうね(苦笑)

濱田マリさんの方は歌手活動復活はどうやら無さそうです。
ちょっと残念ですね。

ただ現在は女優業が大成功されていますから、
女優としての濱田マリさんの活躍も応援したいところですね。

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年9月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:俳優・女優

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ