戸次重幸が抱っこされている画像って何?実はかなりの残念エピソードがたくさんあるって本当!?

Sponsored Links

 
 

戸次重幸

もうすぐ始まる
「裁判長っ!お腹すきました!」
に出演が決まっている戸次重幸さん。

最近ではショムニへ出演もするなど、
活躍の幅が広がってきている
注目の俳優さんですね。

 

そんな戸次重幸さんですが、
調べてみると、不思議なキーワードがいくつか出てきました。

 

戸次重幸が抱っこされている画像がある?
黙っていればイケメン?
残念エピソードがたくさん?

このなんだか気になるキーワードを、
詳しく調べてみました。

Sponsored Links

 

まず気になるのが、
「戸次重幸 抱っこ 画像」という検索ワード。

これにはTEAM NACSが5人で行っていたラジオ番組、
「NACS GOTTA ME!」の中での出来事が関係しているようでした。

 

ちなみに、TEAM NACSというのは、
森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真という
5人の劇団ユニットになります。

全員が北海学園大学演劇研究会に所属していたメンバーなんですね。

NACS

ラジオ番組に話を戻します。

戸次重幸さんは喫煙者だったのですが、
そのラジオ内で禁煙することを宣言したのです。

禁煙宣言が2003年5月頃のことでしたが、
同時にある宣言もしていたんです。

 

その宣言というのが・・・・

「もしオレが吸ったら、お前らNACS一人一人、
そして、ラジオ聞いてるお前らにも、10万円づつやるよ」

というものでした。

これだけを聞くと、
かなりの決意で禁煙宣言をしたことが分かりますね。

 

ただ、これだけの決意で臨んだにも関わらず、
2003年の年末には禁煙失敗をしてしまったんですね。

約束通り10万円づつ払えるかというと・・・・
まぁ無理ですよね。

 

そこで、ラジオの中で罰ゲームをさせようということになったんです。

その罰ゲームというのが、
「怖い話を聴かせる」というもの。

実は戸次重幸さんは、
怖い話が大の苦手なんだそうです。

まさに罰ゲームにふさわしい企画と言えますね。

 

リスナーから山のように届けられた怖い話を、
NACSメンバーが戸次さんへと向けて話していきます。

そして、話が終わった後、
ヘッドホンとメガネを安田さんへ向けて投げつけたんです。

なんて危ない(笑)

 

さらにそのまま大泉さんに抱きついてしまったんですね。

 

あんまりのことにNACSメンバーは爆笑し、

「私が今、抱っこされております」

と、大泉さんが説明を入れるという事態になりました。

 

これが、「戸次重幸 抱っこ 画像」の真相ですね。

 

ただ、ラジオ番組でしたので、
お目当て画像は見つかりませんでした。

これは残念ですね・・・。

誰か1人くらい写真を撮っていても不思議では無いのですが、
当時2003年ですからね、それが世に出回ることがなかったのかもしれません。

 

ちなみに、他の怖い話が語られた時には、
何故かあまりの恐怖で大泉さんに殴りながら抱きつくという珍事件も。

その後に大泉さんが
「口の中がちょっと血の味がする」
と言ってたことから、結構おもいっきり殴られたのが分かります。

これは大泉さんが少し可哀想になりますね。

大泉洋&戸次重幸

 

これだけでも、かなり残念なことは伝わるかと思いますが、
同日のラジオ内でもまだ残念さは収まりませんでした。

最終的には、
ヘッドホンを投げすぎてヘッドホンが壊れかけ、
メガネをおもいっきり外しすぎて顔から軽く流血し、
本当にビビりすぎて共演者含めリスナーも引かせていました。

凄すぎです(笑)

 

そして、どうやら通常でもこういった残念エピソードは
調べてみたら結構ありました。

・遅刻したらその日は社長がいて、恐怖で鼻血を出した
・シュノーケルとフィンを持参したにも関わらず、肝心の海パンを忘れた
・貰った給料を尻ポケットに入れてバイク二人乗りをして、給料を飛ばした
・遅刻の言い訳が「怖い夢をみて目覚めが悪かったのでもう1回寝た」だった
・ゴルフに行ったのに、ゴルフクラブ一式を忘れた

軽く調べただけでこれだけの残念エピソードが出てきました。

黙っていればイケメンという評価も分からなくないですね。

関連記事:戸次重幸の性格がオタクでラピュタ好き?遅刻魔って本当?

 

ただ、こういう残念なイケメンというのは、
ドラマに出演すると番宣役としてテレビへの出演が多いですよね。

大泉洋さんが最たる例だと思います。

なので、これからもMr.残念として、
ドラマにバラエティにと活躍を期待できそうですね。

 
Sponsored Links

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ