JSガールがヒルナンデスに登場!ところで、JSガールって何?内田珠鈴、戸澤あいり、RIONって誰?

Sponsored Links

 
 

RION

少し前に話題になった
JSガールというのを
ご存知でしょうか?

ちなみに、
私は全く知りませんでしたが、
調べてみたところ、
なんというか結構驚きました。

 

知らないという人も結構いるかと思いますので、
そんな人の為に今回記事にしてまとめてみました。

JSガールのことだけでなく、
JSガールで調べてみると一緒に出てくるキーワードまで、
一緒に調べてみましたので、どうぞ雑学にでもしていってください。

ちなみに、一番上の画像は少しヒントです(笑)

Sponsored Links

 

まず、最初に思うのは、
JSガールってそもそも何のことなの?
ということですね。

まず、JSについてですが、
これはある略語なのですがご存知でしょうか?

 

正解は・・・・

J(女子)S(小学生)です。

 

JKが女子高生というのは一般的になってきましたが、
今ではそれがJSやJC(女子中学生)と使い方が広がってきているんですね。

ということで、JSガールというのは、
小学生の女の子のことを表していたんですね。

 

 

そして、肝心のJSガールですが、
これは、小学生向けのファッション雑誌の名前なんです。

JSガール

ファッション雑誌とえいば、
元々は20代向けのものが一般的でしたが、
最近では対象年齢も広がってきているんです。

上は50代向けのものから、
下はなんと小学生向けまでといった感じですね。

 

 

JSガールが何かわかったところで、
JSガールと検索すると、ヒルナンデスという検索ワードが。

一体どういうことなのかと調べてみると、
ヒルナンデスにJSガールのモデルの子が出演していたんですね。

 

実は私もたまたま見ていました。

その時はJSガールなんて言葉を、
全く理解していませんでしたが(笑)

 

出演していたのは「深野ひな」という女の子でした。

当時、10歳で小学4年生でしたが、
そのあまりのケバさに注目が集まったんですね。

JSガール 深野 JSガール 深野2

確かにかなりケバいですね。
小学生にさせるファッションでは無い気がします。

まぁでも、左はファッションショーに出演した際のものなので、
多少分かりますが、右は自宅での撮影ですからね。

ちなみに、右の写真で女の子が持っているのは、
「涙袋」を作るためのペンらしいです。

 

話を戻すと、この画像を見る限りですが、
おそらくこの子の場合は、
メイクを落とすとまゆが消えてしまうでしょうね。

小学生の内から、
すっぴんを気にしなければならないとは・・・。

なんとも複雑な気持ちになります。

 

 

ところで、
JSガールで検索してみると、
RION、内田珠鈴、戸澤あいりという3人が多く検索されているようです。

ということでそれぞれ簡単に調べてみました。

 

RION(記事1番上部の画像の子です)
RION

名前:RION
生年月日:2003年1月20日
学年:小学5年生(2013年現時点)
血液型:A型
趣味:ダンス

 

内田珠鈴
内田珠鈴

名前:内田珠鈴
生年月日:2001年4月26日
学年:小学6年生(2013年現時点)
血液型:O型
出身地:福岡県
習い事:ピアノ&塾

 

戸澤あいり
戸澤あいり

名前:戸澤あいり
生年月日:2001年1月5日
学年:中学1年生(2013年現時点)
血液型:O型
出身地:東京都
部活:音楽部

 

戸澤あいりちゃんだけ中学生ですが、ほか二人は小学生ですね。

可愛いとは思いますが、
正直、全く小学生に見えません(笑)

 

 

最近ではかなりオシャレな小学生の子も増えてきましたよね。

会話は小学生なのに、
見た目は20代かと思えるような子を時々見かけるようになりました。

 

同年代の小学生としては、染髪やメイクについて

「あの子がやってるんだから私もやりたい」

となるのは当然の流れなのかなと思います。

 

むしろ同じことが出来ないとなると、
「どうしてあの子だけ」と思ってしまうことになるのは想像に難くないです。

 

もちろん、ファッションに興味を持つのは悪いことではありません。

ファッションを楽しみたいなら、
服や小物を集めるだけでも楽しめるのでは?と思います。

今後どうなっていくのか分かりませんが、
出来れば自主的に規制する方向へ向かっていくことを願います。

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年10月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:モデル 芸能雑学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ