堀越高校の偏差値って?在学中・卒業生の芸能人は誰?トレイコースでも校則が厳しいって本当!?

Sponsored Links

 
 

堀越高校時代 加藤あい&深田恭子

堀越高校と言えば、
いわゆる「芸能人学校」として
有名ですよね。

そこで今回は、
気になるあの有名人も通っていた
堀越高校について調べてみました。

 

堀越高校について調べていた時に出てきた、
知りたがっている人が多いキーワードを集めてみました。

堀越高校の偏差値って?
在学中・卒業生の芸能人は誰?
トレイコースでも校則が厳しいって本当!?

について記事にしていきます。

Sponsored Links

 

そもそも堀越高校と聞くと、
「芸能人だけが通う学校」のようにも思えるかもしれませんが、
厳密言えば「芸能人が通いやすい学科」があるというだけなんですね。

それがトレイコースというものだそうです。

こちらは芸能人のみが通うことが出来るコースになっていて、
芸能事務所からの推薦がなければ入れないという徹底ぶりだそうです。

 

堀越高校の偏差値って!?

先程も書いた通り堀越高校には、
芸能人だけが通うわけではありません。

トレイコースの他には・・・

・進路・進学選択コース
・体育コース
・育英コース

という3つのコースががあるとのこと。

 

ざっくり言うと、
「普通科・体育科・特進科」といったところでしょう。

どうしても、芸能人がいるトレイコースに注目が集まりがちですが、
体育科からはディズニーランドや劇団四季などに進む子もいるそうです。

意外と幅が広いですよね。

 

 

そして、気になる偏差値ですが、
一般入試だと43あたりになるそうです。

合格率はなんと80%になるんだとか。

ほぼ合格と言った感じでしょうか。

 

ただ、学校の方針として、
どんなに頭が良くても「チャラい子」は面接で落とされるようです。

「いやいや、芸能人なんて髪の毛染めまくりだし、
チャラい部類に入っちゃうんじゃないの?」

と思うかもしれません。

 

実はトレイコースのみ、
「仕事のための染髪のみ、事前申請をしていればOK
という校則があるそうです。

なので、芸能人に限り、
髪を染めていても大丈夫ということなんですね。

 

この厳しい校則は他にもたくさんあり、

・携帯電話の所有はOKだけど、メールや電話以外の機能を使う事は禁止
・化粧厳禁、髪型は”おさげ”やショートボブ
・登下校中のサインは禁止
・学年指定通学路以外の通行は禁止
・他教室出入り禁止
・登下校中のコンビニ以外の施設・店舗の立ち寄りは禁止
・学校周辺のコンビニには立ち寄り禁止
・男子生徒は腰パン禁止、スカート丈はひざが見える程度
・男女交際厳禁

なかなかに校則が厳しいことがわかるかと思います。

 

校則なんて守っている人いるの?
と、思う人もいるかもしれませんが、実際に厳しいらしく、
芸能人でも通学する時は守っているらしいですよ。

 

 

 

最後に、在学中・卒業生の芸能人について触れておきます。

 

まずは懐かしの卒業生から。
松田聖子、岩崎良美、野々村俊恵、松本伊代、
松本明子、早見優、堀ちえみ、南野陽子、
本田美奈子、井森美幸、山瀬まみ、西村知美、工藤夕貴

 

続いて未だに活躍中の卒業生。
深津絵里、稲垣吾郎、草なぎ剛、松岡昌宏、市川海老蔵、
堂本剛、ともさかりえ、松たか子、岡田准一、新山千春、
安達祐実、佐藤江梨子、藤原竜也、深田恭子、塚本高史
加藤あい、松田龍平、水川あさみ、松本潤、生田斗真
綾瀬はるか、山下智久、蒼井優、上戸彩、田中聖
城田優、小池徹平、杏、紗栄子、手越祐也、戸田恵梨香
豊田エリー、柳楽優弥、三浦春馬、福田沙紀、八乙女光
鮎川太陽、成海璃子、山田涼介、知念侑李

まだまだいるようですが、書ききれないのでここまでで(笑)

 

ちなみに、2013年現在噂されている在校生はというと、
森本慎太郎、佐藤勝利、松村北斗、田中樹里
京本大我、森本龍太郎

こんな感じですね。

さすがに在校生ともなると、
熱心な追いかけがいるジャニーズあたりしか情報が出てこないですね。

堀越高校時代 HeySayJUMP

ちなみにですが、
堀越高校から生まれた芸能人カップルもいたようです。
田中聖&あびる優
山下智久&あびる優
ともさかりえ&堂本剛
Perfumeあ~ちゃん&八乙女光
福田沙紀&三浦春馬

などが噂されたそうです。

 

また、結婚まで至った芸能人は、
豊田エリー&柳楽優弥のお二人でした。

才能ある芸能人を世に送り出して来ている堀越高校から、
今後も目が離せませんね。

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年10月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:芸能雑学

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ