名古屋まつりの無料開放って?武将隊だけじゃなく三英傑やチアも見逃せない!

Sponsored Links

 
 

名古屋まつり

毎年10月の中旬に、
愛知県の名古屋市で行われる
名古屋まつり。

2013年今年の日程は、
10月19日、20日の
土日二日間になります。

 

今までただの屋台が出るお祭りだと思っていた人も、
意外と知らなかった穴場情報があるかもしれませんよ。

ということで、名古屋まつりについて、
遊びつくすための色々を調べてみました。

Sponsored Links

 

まずは、無料開放の施設について。

実は大規模なお祭りが行われている裏で、
名古屋市が所有する施設の一部が無料開放されているんですね。

 

普段だと入場料がかかって入るのに躊躇する施設でも、
無料なら行ってみたいと思ったりしますよね。

・徳川園
・文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)
・文化のみち橦木館
・名古屋城
・名古屋市市美術館(常設展)
・ランの館
・白鳥庭園
・東谷山フルーツパーク(世界の熱帯果樹温室)
・東山動物園
・東山スカイタワー
・名古屋市市博物館(常設展)

実にこれだけの施設が無料ということで、
全部回るのは少し難しいところですよね(笑)

 

ただ、注意しておきたいのは、
名古屋まつりは19日、20日の開催ですが、
施設の無料開放は20日限定だということです。

19日に行っても、
入場料がかかってしまうので、お気をつけ下さい。

 

 

また、名古屋といえば、
有名なのがおもてなし武将隊ですよね。

もちろん、このお祭りにも参加します。

時間としては、11時30分~20時の間に、
久屋広場やエンゼル広場、オアシス21銀河の広場など、
様々な舞台に登場するようです。

 

ちなみに、名古屋まつりではおもてなし武将隊だけでなく、

・熊本城おもてなし武将隊
・あいち戦国姫隊
・安芸ひろしま武将隊
・信州上田おもてなし武将隊
・神戸・清盛隊
・土佐おもてなし勤王党
・清須城武将隊 桜華組

これだけの武将隊が集まるそうです。

まさにご当地の武将隊がここに集結!といったところでしょうか。

 

 

そして、この武将隊とはまた別に、
三英傑と呼ばれる武将たちの行列も見どころの一つです。

三英傑と言うのは、
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人を指します。

この3人がそれぞれ行列を作って練り歩くんですね。

 

ちなみに、この三英傑では、
それぞれの武将は公募によって決まっているそうなので、
もし受かったら、祭りの中心として参加することも出来るんですね。

ただ、織田信長役の方は、
毎年必ず馬に乗って練り歩きをします。

名古屋祭り 織田信長

ですので、
そもそも乗馬が出来ないと応募ができません(笑)

もし興味が有る方は、
秀吉か家康辺りを狙ったほうが無難でしょうね。

 

 

最後に、チアについてご紹介しておきます。

久屋広場のイベント会場では、
ドラゴンズのチアによるイベントがあるんですね。

 

もちろん、ドアラもいますよ。

関連記事:凄い勢いで踊るドアラ

 

ドアラ好きの方は近くで見られるチャンスですので、
ぜひ行くことをおすすめします。

 

動画がありましたので、気になる方はご覧ください^^

以上、名古屋まつり情報でした!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年10月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:イベント

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ