戸次重幸の性格がオタクでラピュタ好き?遅刻魔って本当?芸名に込めた母への思いとは・・・・。

Sponsored Links

 
 

戸次重幸5

残念エピソードが多いことで、
知られている俳優さんといえば、
戸次重幸さんですね。

ファンの間では、
「残念なところが可愛い」
ということで好評なようです。

 

そんな戸次重幸さんですが、
意外と色々なキーワードで検索されていることが分かりました。

 

戸次重幸さんの性格って?
ラピュタと何の関係が?
遅刻魔ってどういうこと?
芸名と母との関係って?

ということを中心に書いていきます。

Sponsored Links

 

プロフィール

 

生年月日:1973年11月7日

出身地:北海道札幌市

身長:173センチ

血液型:O型

大学:北海学園大学

 

俳優という道に興味を持ったのが、浪人中にたまたまテレビで見た
イッセー尾形の一人芝居「タクシーを待つ人」だったそうです。

浪人中にも関わらず、
「受験をやめて役者になる」と親に宣言してしまったとのこと。

両親に泣いて止められ、大学へ進学したそうです。

さすがに浪人中にそんなこと言い始めたら、
どんな親だって止めると思います(笑)

 

そして、見事合格したのが北海学園大学でした。

実は北海学園大学の演劇研究会に既にいたのが、
森崎博之さんや、1年早く現役で入学していた安田顕さんでした。

その演劇研究会に入ってしまったんですね。

 

ちなみに、次の年には、
安田さん・戸次さんと同い年でありながら、
二浪した大泉洋さんが入ることに。

北海道の一大学に集まったのが、
こんなそうそうたるメンバーだったんですね。

後から考えるととんでもない大学だったという。

 

そしてのちに、
森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真の5人で、
「TEAM NACS」が結成されることに。

 

この「TEAM NACS」ですが、
元々は、森崎さんと安田さんの卒業公演のための
一回限りのユニットだったんですね。

しかし、卒業後一旦は就職していた森崎さんが仕事をやめ、
チームが再結成されたことにより、どんどん大きくなってしまったんだそう。

 

まぁ、元々からして、
卒業後は東京の劇団員として俳優を続けようと思っていたそうなので、
東京の劇団で活動するか、TEAM NACSで活動するかの違いだけだったようですね。

ただ、TEAM NACSで活動を始めたからには
最初は北海道のローカルタレントとして活動が始まったということでした。

 

と、いうより、
浪人時代に一度両親に泣きつかれているのに、
結局俳優の道を選んでしまったんですね。

成功している今だから笑い話にもなりますが(苦笑)

 

 

そんな戸次さんの性格ですが、
NACSメンバーの大泉さんがこんなことを言っていました。

「物事にうじうじ迷わない、かいがいしく気配りできる」
「迷わずなんでも早く答えを出すけど、大概間違っていることが多い」
「間違いに気づいたときも、あっさりさっきまでの答えを捨てるいさぎよさもいい」
「生まれ変わったらシゲになりたい」

褒めてるんだか、けなしているんだか・・・。

 

大泉さんの言葉を総合すると、
「さっぱりした性格のせっかちなおバカさん」でしょうか・・・?

 

文章にしてみたら、やっぱり残念な感じになりました(笑)

さすがミスター残念こと戸次重幸さんですね。

関連記事:戸次重幸さんの残念エピソードがたくさんあるって本当?

 

そして、戸次さんの性格として、
もう一つ特徴的なのがそのオタク的な要素です。

マンガやアニメが大好きで、
その中でもジブリは本当に大好きなんだそうです。

 

中でもラピュタは何度も何度も見たおかげで、
セリフが完璧に入っていて、1人芝居が出来てしまうんですね。

ちなみに、好きなセリフは、
「40秒で支度しな」らしいです。

 

これを聞いただけで、
誰がどういう場面で言ったセリフか分かる人は、
そうそういないでしょう。

それこそ何度も何度も見ないことには(笑)

 

 

ところで、
実は戸次さん、かなりの遅刻魔らしいとのこと。

遅刻の主な原因としては、
寝坊や渋滞、電車の遅れなどがあったそうです。

渋滞と電車の遅れは少しかわいそうな気もしますが、
仕事なのですから、余裕をもてということでしょうね。

 

ちなみに、過去には、
寝坊が原因で5時間の大遅刻や、
撮影の現場を間違えるという遅刻もやらかしているそう。

 

5時間の大遅刻の時は、
実は100グラムで5万円もするという超高級肉を食べるロケの日でした。

しかし結局遅刻してしまい、食べられず(笑)

そして、やっとロケの現場に到着し、
どうして遅れたのか、理由を話したのですが・・・・

「楽しみで眠れなかった」
「遠足の前の日のようだった」
「前日に服買って、自室でファッションショーをしていた」

「小学生か!」

と、誰もが盛大なツッコミを入れたに違いありません。

番組的には、
超高級肉よりも美味しい展開だったでしょうね(笑)

 

 

最後に、戸次さんの芸名について。

当時は本名の佐藤重幸という名前で活動していたのですが、
2007年の年末に今の戸次重幸という芸名に変更したんです。

気になるのは、
なぜ「戸次」という名字にしたのか?ですよね。

 

実は戸次さんのお母さんが2006年に
がんで亡くなられているんだそうです。

その1年後に、
お母さんの旧姓であった「戸次」を使うことにしたとのこと。

ちなみに、
「戸次」というのは、本来「べっき」と読むそうですが、
読みやすさを考えて「とつぎ」という読み方で使っているそうですよ。

戸次重幸6

お母さんが亡くなられた2006年というと、
まだまだ戸次さんは有名だとはいえませんでした。

そういう意味では、
有名になった今、「戸次重幸」として売れているのは、
お母さんに対する大きな親孝行なんじゃないかと思いました。

 

なんだか人柄が伝わってくるお話ですね。

最後になって、
大泉さんの「生まれ変わったら」という言葉の意味が、
少しだけわかった気がしました。

 

ということで、
戸次さんの性格や遅刻魔についてのまとめは以上です。

調べていたらますます応援したくなりました。
これからも頑張って欲しいです!

 
Sponsored Links

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ