遠野なぎこの本名って?余命があと7年ってどういうこと?教祖様になる日が来るって何!?

Sponsored Links

 
 

遠野なぎこ3

遠野なぎこさんといえば、
かつては朝ドラでヒロイン役を
演じていた女優さんですね。

最近では、
ドラマや映画よりも、
バラエティでの活動も多く、
そちらで知った人もいるかもしれません。

 

そんな遠野なぎこさんですが、
なぜか将来的に教祖様になる可能性があるとの噂が。

バラエティを見ている限りはそんな印象は全く受けませんが、
一体どういうことなのでしょうか?

Sponsored Links

 

プロフィール

生年月日:1979年11月22日

出身地:神奈川県

血液型:O型

趣味:読書、猫と遊ぶ

 

女優になる切っ掛けは6歳の時に、
母親のすすめで劇団に入って子役を始めたことだったそうです。

デビューとなったのは、
1991年の「鳥人戦隊ジェットマン」だったとのこと。

 

ちなみに、芸能人といえば、
気になるのが本名かどうかですよね。

実は遠野なぎこさんは・・・本名ではありません。

 

本名は・・・青木秋美というそうです。

 

デビューの時には本名を使っていたようですが、
1994年に遠野凪子に名前を変えて、
その後2010年に現在の遠野なぎこを使うようになったんですね。

 

 

以前に出演した
「私の何がイケないの?」というテレビ番組で、
遠野なぎこさんの衝撃の食生活が明らかになりました。

・唐辛子を何にでもかけて食べる
・毎朝サラダに七味唐辛子2本をかけている
・かなりの酒豪で毎日のようにお酒を飲んでいる

これは体に悪そうですね・・・。

 

番組で人間ドッグを受けた所、
案の定肝臓などの内蔵を壊していることが判明。

しかも、言い渡された余命7年だったんですね。

 

まだ若いのに衝撃的ですね。

さぞや本人も気に病んでいるかとおもいきや、
全く後悔はなさそうな物言いでした(苦笑)

 

しかし、遠野さんは、
お家で2匹の猫と一緒に暮らしているんですね。

その猫がなんと、寿命があと8年程とのこと。

このままだと猫のほうが長生きしてしまうこと発覚。

遠野なぎこ 猫

遠野さんといえば、
かなりの愛猫家として知られていますので、
この結果には焦りを隠せない様子でした。

 

「猫のためにも長生きしないと」

 

と思えたそうなので、
ぜひとも生活改善をして欲しいですね。

 

 

そして、教祖様になるのでは!?という噂について。

調べてみると、
将来的の教祖様になる素質は、
遠野さんの壮絶な生い立ちに関係しているようです。

関連記事:遠野なぎこと母親との現在は?手の震えも病気?

 

今までの経験から、
こういった話が出てきている、ということですね。

こういった「教祖様」のような役割を果たしているのが、
瀬戸内寂聴さんや美輪明宏さんのような方々。

 

お二人といえば、依頼者の相談に乗ったり、
はたまたスピリチュアルなことを言ったり、
と、いうような事をされてきているのは有名ですね。

それが出来るだけの人生経験が
遠野なぎこさんにはあると噂されているようです。

 

実は既に、遠野さんが運営しているブログにも、
その傾向が現れているということで覗いてみました。

実は今、遠野さんは自身のブログで、
お悩み相談をメールで受け付けているそうなんです。

ちなみに、ブログはこんな感じです。
こんなところにまで猫ちゃん登場です(笑)
遠野なぎこ ブログ

その中に強迫性障害についての相談がありました。

実は、遠野なぎこさんも、
強迫性障害を病気として抱えているんですね。

 

ですが、元々は強迫性障害という病気について、
公にはする予定はなかったようです。

しかし、読者の方からの相談が多く、
ブログで実体験を語ったということでした。

 

かなり熱心に実体験を語っており、
その文字数は数えてみたところ、なんと3792文字でした。

冒頭に番組出演の宣伝も有りましたが、
それをはるかに上回る文章量でした。

 

かなりよくまとまっており、
おそらく一見すれば「強迫性障害って何?」
という人でもわかるようになっているかと思います。

この調子でブログを続けていけば、
いつか相談に答えるような番組を持つということも可能性としてありえますよね。

そうしたら、そのまま美輪さん路線でも、
仕事を続けられますから、ある意味将来安泰なわけです。

遠野なぎこ4

そんな訳で、「遠野なぎこ教祖様」誕生の日も、
もしかしたら近いかもしれませんね。

教祖や宗教という言葉が出てくると怪しげですが、
人にアドバイスを出来るだけの経験はしてきているとは思います。

 

なので、人生相談はこれからも続けて欲しいですね。

これからの遠野なぎこさんの活躍を見守っていきたいと思います。

 
Sponsored Links

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ