お笑い芸人の磁石がTHE MANZAIで解散危機!?巨人の言葉に救われた?同期って誰になるの?

Sponsored Links

 
 

磁石

お笑いコンビの磁石といえば、
「隠れ人気」ですとか、
「ネクストブーム」だと言われて
もう何年にもなる芸人さんです。

実力は認められているものの、
どうにもブレイクするきっかけがない
と、いうことでしょうか。

 

今回はそんなブレイク目前?の磁石について、

・THE MANZAIで解散危機!?
・巨人の言葉に救われたって何?
・動機って一体誰になるの?

この3つを中心に調べてみました。

Sponsored Links

 

磁石のお二人は、M-1グランプリで、
7年連続準決勝進出をするほど、元々の実力を持っていました。

しかし、その確実な実力とは裏腹に、
やはり注目されるのはその年の優勝者ですよね。

決勝進出組でも、
よほど話題性がないと仕事に繋がらないという厳しい世界のようです。

 

M-1グランプリが無くなってしまった後、
2011年からTHE MANZAIが開催されるようになりました。

2011年のTHE MANZAIでは念願の決勝進出を果たしたものの、
惜しくもハマカーンに優勝を持って行かれてしまいました。

この時の順位が2位ということでしたので、
本人たちも、また今まで応援してきたファンのかたも悔しかったことでしょうね。

本当にあと一歩でした。

磁石2

 

そして、気になるのが、
このTHE MANZAIで話題になった磁石の解散問題ですね。

 

解散が話題に上がったのが、2012年のTHE MANZAIでのことでした。

その時の磁石の活躍はというと、
こちらも決勝進出を果たしたものの、順位はこれまた惜しくも4位でした。

 

話を戻すと、お二人の紹介VTRの中で永沢さんが

「(佐々木に)子供が出来たから辞めようと言われたことがあった」

と、言った場面があったんですね。

 

それに対して、

「辞めたらあかん」

と言ってオール巨人さんが二人を引き止めていました。

 

ちなみに、その後オール巨人さんはブログで

「磁石君は本当に良い漫才をやってましたし、間違いなくトップ集団で走ってるコンビなので勿体ないし、思わず口から出てしまいました・・・もっと上手く言えれば良かったんですけど」

と言うほど磁石の実力を認めているんですね。

 

ちなみに、オール巨人さんは他にも
「どうしてもダメだったら面倒見てやる」という言葉もかけていたんだそうです。

 

と、いうことで巨人の言葉に救われたというのも、
実はこの解散問題の中での出来事だったんですね。

巨人だけ見た時には、球団が浮かんでしまいましたが(笑)

ここまで応援されているんですから、
磁石のお二人には、今年こそ優勝して実力を見せつけてほしいものですね。

 

 

ところで、磁石のお二人は同期は誰になるのか気になりますよね。

 

磁石のお二人は実は何回か事務所が変わっているんです。

2000年から6年間はサワズカンパニーというところで活動していたものの、
サワズカンパニーが吸収され、三木プロダクション所属に。

ですが、その後2008年にホリプロコムに事務所を移籍したんですね。

 

なので、事務所がずっと一緒の同期というのはいないんですね。

芸歴だけで言えば、2000年結成のコンビと同期ということになります。

 

ちなみに、2000年結成のコンビといえば、

NON STYLE
平成ノブシコブシ
パンクブーブー
笑い飯
ザ・プラン9
安田大サーカス
Wエンジン
キングオブコメディ

この辺りが有名所だと思います。

 

確かに、このメンツを見る限りは、
磁石のお二人は知名度が低い割に活動期間が長いのが分かりますね。

 

ちなみに、2011年のTHE MANZAIで優勝したハマカーンも、
2000年結成のコンビですので、ほぼ同期なんですね。

なので、まだまだ磁石のお二人もブレイクは遅くないと思います。

磁石3

世間での知名度は低くても、
単独ライブが即完売するほどのファンの方も多いようですし、
後はその実力を後押しするだけの実績だけなんですね。

2013年のTHE MANZAIの認定漫才師50組にも選ばれていますから、
今年こそ、ぜひ優勝してほしですね。

磁石のお二人の活躍を応援しています!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年10月21日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:バラエティ 芸人

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ