小林瑞生が飲酒疑惑!?ところで高校の文化祭で何が?大学はどこ?ツイッターは?弟がいるって本当!?

Sponsored Links

 
 

小林瑞生

飲酒や喫煙に対する
取り締まりが強化される中、
小林瑞生さんにもその目が。

ジャニーズJr.の中でも
人気メンバーである
小林瑞生さん。

 

そんな小林さんに今回、
飲酒疑惑が出てしまっているんですね。

一体どうしてそんなこと人なってしまったのでしょうか・・・・?

Sponsored Links

 

プロフィール

生年月日:1995年7月7日

身長:173センチ

血液型:A型

出身地:神奈川県

趣味:ドラム

部活:軽音楽部(ドラム)

 

生年月日で見ると、
七夕生まれだなということが分かりますね。

ただ、それだけではなく実は平成7年生まれなので、
平成7年7月7日生まれとなり、7が3つも並ぶんですね。

 

ファンの間では「生まれながらのラッキーボーイ」と言われているそうです。

これはたしかに凄い(笑)

 

 

そして、本題の飲酒疑惑・・・・に入る前に、
もう少し小林瑞生さんについて知っておきましょう。

まず調べていて気になったのが
「高校」「文化祭」「大学」といった3つのキーワード。

 

まずは高校ですが、
調べてみてもどこの高校かということはわかりませんでした。

ジャニーズといえば堀越が有名ですが、
もし堀越に通っていたとしたら情報出来そうなものですので、
少なくとも、堀越の可能性は少なそうだなということだけでした。

 

次に文化祭ですが、
こちら実は小林さんが自身の高校の文化祭で、歌を披露したんだとか!

いくらJr.とはいえプロの世界に身をおいているわけですから、
豪華だなと思いますし、現場にいた人たちが羨ましいですね(笑)

プロフィールにもある通り、
部活が軽音部とのことなので、その御蔭とも言えるでしょう。

小林瑞生2

最後に大学ですが、
実は2013年現在高校3年生なので、
まだ大学には通っていないですね。

なぜ大学というキーワードが出てきたかというと、
「テストの花道」という番組に出演されているという理由からでした。

ちなみに、テストの花道とは、

・高校生向けに勉強の仕方を教え、テストのための「思考力」をつけることを目的とする番組である。
・最終目標は志望大学に合格すること。
・番組では、「花道の先輩」という難関大学に通う大学生たちが毎回のテーマに即してアドバイスや体験談などを話す。

こんな番組だそうです。

志望大学に向けけて勉強するという趣旨のようなので、
まだ小林さん自体は高校生ですが「大学」というワードが出てきても納得ですね。

 

 

そして、やっと本題の飲酒疑惑のことですね。

まず、これにはとある画像が流出したことがキッカケでした。

以下記事から抜粋。

4人の男子が部屋の中で座っているだけの、なんの変哲も写真だが、そのうちの1名は「スミノフ」を手にしており、床には酎ハイと思しき缶が置かれている。「おめでとう」と書かれたくす球を手にしている者がいることから、なんらかの祝いのために集まり、そこで酒を手にしたようだ。

この4人の中に、小林瑞生さんがいたということのようです。

 

ただ、幸いにも小林さんの手にお酒は無かったそうで、
これは「生まれながらのラッキーボーイ」の法則が働いたのでしょうか(苦笑)

それでも未成年でありながら、
お酒の席にいたというだけでも疑いが持たれてしまうのは仕方ないでしょう。

小林さんはジャニーズJr.の段階なので、
もし処分が厳しくなった場合でも公に結果が発表されない可能性が高いそうです。

 

最終的には、先ほど紹介した「テストの花道」の
出演者一覧から名前が消えたら処分確定ということのようです。

現在高校3年生の小林さんですから、
この騒動が広まってしまうと入試にも響いてしまう恐れがありますね。

今後の対応が注目されるところです。

 

小林瑞生3

ところで、こういった事件が起こると、
私が真っ先に確認をするのがツイッターアカウントを持っているかどうかです。

小林さんは調べてみたところ、
どうやらツイッターのアカウントは持っていないようでした。

まぁ、持っていたとしても、
アカウントを消すのも時間の問題だったかもしれませんが。

 

そういえば、最後に、
小林さんには弟がいるとの噂が。

これは実際にいるみたいですね。

 

弟さんの年齢までは分かりませんでしたが、
年齢差によっては弟さんも受験生の可能性があります。

この騒動が弟さんの方にまで飛び火しないことを祈りますね。

 

今後ジャニーズがどういった対応を見せるのか、
小林瑞生さんがどういった処罰を受けるのか目が離せません。

 
Sponsored Links

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ