涙がストレスに効くのはある物質が関わっていた!?その成分とは?涙活におすすめの映画も紹介!

Sponsored Links

 
 

美奈子

少し前に
「涙活」が話題になり、
流行にもなりましたね。

しかし、
その「涙活」の意味って
考えたこと有りますか?

 

涙活でストレスを解消しよう!
という趣旨のものですが、ちゃんと理にかなっているんですね。

一体それはどういうことなのかというと・・・

Sponsored Links

 

そもそも、「涙活」の始まりとなるのは、
寺井広樹さんという方がプロデュースから始まったそうです。

最初は小さな活動だったものの、
現在では男女や年齢に関係なく人気を集めているみたいですね。

 

ちなみに、この寺井さんという方、
離婚式プランナーでもあるそうです。

こちらも一時期物凄い話題になっていましたね。

衝撃的なのが「指輪を壊す」でしたよね。
私にはもったいないとしか思えませんでしたが(苦笑)

 

 

話を戻すと、
その離婚式プランナーの寺井さんが、
涙活プランナーとしても活動しているということですね。

まさに時代を先取りしている形でしょうか。

 

そして、肝心の涙活ですが、
30人くらいの中規模くらいで行われているみたいです。

あんまり人が多いとまた泣きにくいですからね(苦笑)

そこで、感動的な映画や動画を流していくんだそうです。

人前にもかかわらず、
結構な人が泣いちゃうらしいですよ。

 

私はちょっと無理そうですが、
人前でも躊躇なく泣ける人にはいいかもしれません。

 

実際に泣いた後はスッキリして、
その場にいる人達との交流も深まるみたいです。

緊張状態が解けて、
リラックスも出来るみたいですね。

板野友美

 

少し前置きが長くなりましたが、
気になるのが、そのスッキリするという涙の理由ですね。

そもそも涙には、3種類あるんですね。

 

1、基礎分泌による涙
2、刺激による涙
3、感情による涙

 

1は日常的に目を潤してくれる涙ですね。
目の表面への栄養補給や瞼を動かす時の潤滑材に当てはまります。

一日に2~3cc分泌されるようですが、
これが正常に出ないとドライアイという症状に当てはまります。

 

2は目にゴミが入ったり、玉ねぎを切る時に出てくる涙ですね。
細菌・紫外線から目を守る防御壁、雑菌の消毒に当てはまります。

文字通り外部からの刺激で出てくる涙で、
刺激が無くなったり、ゴミが外へ出てしまえばやみますね。

 

そして3が涙活でも注目されている涙。
これは感情が揺れ動いて流れる涙になります。

感動したり、はたまた悲しい気持ちになったり、
意識して流せる唯一の涙でしょうね。

そして、3の涙で特徴的なのが、
ACTH(副腎皮質刺激ホルモンが関わってくるということです。

 

こちらはストレス反応として分泌されたホルモンなんですね。

つまりストレスを感じると血液の中に
このACTHというホルモンが増えてくるんです。

 

ところが感情が揺れ動いて涙を流すと、
このACTHが涙として外に出て、血液の中の濃度が減るんですね。

そもそも涙も血液から作られますので、
血液のなかのACTHが涙になって出てきているということなんです。

だから、涙をながすとストレスが減ったり、
スッキリしたりといった感覚が得られるんですね。

 

これ、知ってて実践するのと、
知らないで実践するのとでは効果も変わってくるので、
ぜひとも頭の隅に置きつつ涙活を進めて欲しいんです!

▼赤ちゃんも同じ原理で泣くようですね

イヤイヤ期

 

そして、涙活に欠かせないのが、
映画や動画の存在でしょう。

いきなり泣けと言われても、
女優さんじゃないんですから無理ですし(笑)

 

ということで、
ここでオススメの映画をご紹介すると、
「なくもんか」という阿部サダヲさん主演映画です。

タイトル見ると真逆のように思えますが、
笑いあり涙ありでただ悲しい映画よりはリラックスして泣けるかと思います。

 

私の個人的なオススメとしては、
「ごーやーちゃんぷるー」という映画です。

こちらちょっとマイナーかも知れませんが、
あの多部未華子さん主演の映画なので間違いないです。

内容としては、
なんだか懐かしい気持ちになる映画です。

田舎から上京したような人にオススメかもしれません(笑)

ということで、涙&涙活に関するまとめでした!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年11月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑学ニュース

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ