神尾佑に舌を入れられる桐谷美玲って何!?結婚はしているの?彼女は?アキバレンジャーって?

Sponsored Links

 
 

神尾佑

神尾佑さんといえば、
数々のドラマに出演されている
名脇役の俳優さんですね。

つい最近では
ハニートラップにも
出演されていました。

 

そんな神尾佑さんですが、
気になるのは桐谷美玲さんとの関係・・・。

噂になっているみたいですね。

ということで神尾佑さんについて調べてみました。

Sponsored Links

 

プロフィール

生年月日:1970年3月16日

出身地:福島県いわき市

身長:185センチ

血液型:O型

趣味:格闘技鑑賞、料理

特技:殺陣、アクション、ジャズダンス、津軽三味線、乗馬、空手(初段)

 

最近ではドラマや映画での活躍がめざましいですが、
元々は舞台役者さんだったとのこと。

デビューは舞台の「蒲田行進曲完結編〜銀ちゃんが逝く」だったそうです。

この舞台というのが、24歳の時から7年間在籍した、
北区つかこうへい劇団の1期生としての活動だったようですね。

その後も様々な舞台に出演しており、
ドラマや映画の出演が増えた今でも舞台に精力的に出演されているとのこと。

 

しかし、役者一本かというとまた違い、
大学は横浜国立大学工学部物質学科だったということで、
頭もかなりいいようです。

調べてみたところ、
偏差値60ということで驚きですね。

 

 

そして、気になるのが、
「神尾佑に舌を入れられる桐谷美玲」ですね。

このままの文章で検索ワードに上がっていたのでびっくりしました(笑)

 

実はこれ「新 ・幕末純情伝」 という舞台での一幕なんですね。

「新 ・幕末純情伝」 では、
沖田総司が実は女だったという設定の物語で、
その沖田総司の役が桐谷美玲さんということなんです。

そして、神尾佑さんはというと、
坂本龍馬の役で出演されていました。

 

舞台の中では桐谷美玲さんと神尾佑さんで、
濡れ場のシーンも有るそうなんです。

そこ場面がどうやら話題になってしまったようですね。

これは公開稽古の画像たちですが、
まずは桐谷美玲さんが神尾佑さんの手を自身の胸へと誘導するシーン
桐谷美玲&神尾佑

 

そして、こちらが話題になっている、
桐谷美玲さんと神尾佑さんのキスシーン
桐谷美玲&神尾佑

確かにこれは話題になってもおかしくないですね。

見てるこっちが恥ずかしくなります(笑)

 

 

さらには、このシーンがあったことから、
神尾佑さんの熱愛結婚をしているのかどうかが話題にも。

まず、桐谷美玲さんとの熱愛ですが、
舞台での経験も豊富でしょうから、役は役として切り替えられるでしょうね。

この役がキッカケで恋愛に発展したということはなさそうです。

 

また、結婚についてですが、
どうやら神尾佑さんは独身のようですね。

イケメンなのにもったいないという気がします。

 

 

そして、調べててもう1つ気になったのが、
「神尾佑 アキバレンジャー」という検索ワード。

調べてみたところ、

東映による制作で「戦隊」の名を持つが、スーパー戦隊シリーズからは“非公認”扱いとなるセルフパロディ作品。東映が深夜枠向けの特撮作品を制作するのは、『Sh15uya』以来7年ぶりである。また、スーパー戦隊シリーズの放映局であるテレビ朝日は制作に関与せず東映側の単独制作となっており[注 2]、従来のシリーズを放映してきたテレビ朝日系列地上波ではなく、同社系列のBSデジタル放送局BS朝日および独立局TOKYO MXで放送された。1クール全13回(最終回は総集編)。
<Wikipediaより引用>

こんな感じで、非公認の戦隊物ということのようです。

 

ただ、制作会社は同じなので「公式が作っている非公式」
という、ちょっと不思議な戦隊物なんですね。

非公認なので、子供には見せられないようなお色気ものや、
ちょっと下品な表現なんかもあるらしです(笑)

 

ちなみに、キャッチコピーは「良い子は見ちゃダメ(だぞ)っ!」だそうです。

まだ戦隊物を信じている子にはちょっと刺激が強すぎるようですねww

 

そして「非公認」ながら、
本家「仮面ライダーオーズ」に出演した神尾佑さんが登場したんだそうです。

神尾佑

これは戦隊物好きのファンにはたまらなかったんじゃないでしょうか。

こういうファンサービス会ってこその、
アキバレンジャーということのようですね。

知らなかった世界を今日1つ知りました。

ということで、神尾佑さんについてでした!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年11月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:俳優・女優

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ