小林幸子のお家騒動は夫の林明男が原因!?その後ってどうなったの?

Sponsored Links

 
 

小林幸子

小林幸子さんといえば、
あの「お家騒動」以降、
芸能ネタとして、
色々なところで報道を見ますよね。

小林幸子さんといえば、
今年で芸能生活50周年。

 

その記念として、
『芸能生活50周年コンサート~Smile~』が
6月から始まり、その真っ最中ですね!

そんな小林幸子さんですが・・・・

Sponsored Links


なんと、自身初の後援会が発足するらしいです。

 

後援会というのは、今で言うファンクラブみたいなもの。

それにプラスして、
小林幸子さんのこれからの芸能生活を送る上で、
何かしらの「援助」をしてもらうのが後援会ですね。

これだけ芸能生活が長い小林幸子さんですから、
てっきり既にあるものだと思っていた人も多いはず(笑)

 

ですが、2013年7月15日に行われた、
「東京新潟県人会 第47回納涼大会」にゲスト出演した際に、

「みんなで小林幸子さんの後援会を作ろう。ファンクラブを作ろう」

と、なり、拍手が起こったとのこと。

 

やはり、故郷が同じ新潟で、
同じく東京に住んでいる人たちですから、
そういう人たちの支援というのは温かいですね。

それに対し、小林幸子さんも

「うれしい限りです。地元の方は親せきのような気持ちになれる」

と言葉を返していたそうです。

このように、現在少しずつではありますが、
「お家騒動」も収束を見せているようです。

 

しかし、この「お家騒動」は元々は何が原因だったのでしょうか?

「お家騒動」と芸能ニュース等で良く聞きましたが、
実は私はよく知らなかったので、今回調べてみました。
調べてみるまで、勝手に実家との角質か何かかと思っていたら・・・

実はそういうことではなく、
2011年に結婚を発表した、夫と事務所社長との揉め事だったようです。

 

その揉め事の原因とは、

小林幸子さんの紅白の衣装についてでした。

 

小林幸子さんといえば、
毎年のように、派手な衣装での登場をしていましたが、
その衣装にかかる値段は推定数億円とも言われており、
明らかに紅白出場のギャラとは合っていない現状でした。

それに対し、夫の林明男さんが

「「オレなら3分の1の予算でできる!」と宣言し、
元事務所社長との対立が出来てしまった・・・ということのようです。

 

この夫の林明男さん、
これだけ口を出してくるのだから、
さぞかし芸能界のドンなんだろうな・・・

と、思ったら、全然そんなことはなく、一般の人のようです。

ご本人も、
「私は小林幸子の夫という立場以外には、一般人という認識でございます。
 したがってご質問内容は芸能関係に関することですので、
 お答えしようがないのが現実です」
と、書面で文章を送ったこともあるそうな。

小林幸子さんの紅白の衣装について口を出しておいて、
「私は一般人という認識です」というのもおかしなものですよね。

 

ダウンロード (10)

この騒動の後、結局
小林幸子さんと25年連れ添ってきた、当時の事務所社長を解雇し、
夫側についてしまった小林幸子さん。

その年の紅白も出場にはならなかったとのこと。

元々、あの派手な紅白の衣装も
元事務所社長が考えたものだったようで、
二人三脚で支えあってきた人を解雇してしまったことで、
小林幸子さんに対する世間の目が厳しくなってしまったようです。

そんな、小林幸子さんですが、
現在は後援会の発足も決まったようですから、
これからは、また地に足をつけて頑張って欲しいですね!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年7月15日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:歌手 芸能界の噂

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ