東出昌大はハーフって本当?大学はどこ?ブログが閉鎖されているらしい?へそピって何のこと!?

Sponsored Links

 
 

東出昌大

東出昌大さんといえば、
あまちゃんにごちそうさんにと
大活躍の俳優さんですね。

NHK連続小説に続けて出演するのは、
とても珍しいことなので、
それだけ実力があるということでしょうか。

 

そんな東出昌大さんですが、
まだまだ駆け出しの俳優さんということで、
知らないことも多かったです。

ということで、
今回は東出昌大さんの気になる噂を調べてみました。

Sponsored Links

 

プロフィール

生年月日:1988年2月1日

出身地:埼玉県

血液型:A型

身長:189センチ

特技:剣道、バスケットボール、サッカー

 

現在俳優として活躍している東出さんですが、
実は元々はモデルとして活動をしていたんですね。

モデルとして活動を始めたのが、
高校2年生の時だったとのこと。

 

メンズノンノ専属モデルオーディションで
グランプリを獲得してデビューが決まったんだそうです。

189センチということで、
スタイルは完璧ですからね~。

 

その後大学に進学してもモデルを続けていたそうですが、
なんと中退してジュエリーの専門学校に行っていたんだそうです。

それからは、モデルとジュエリーデザイナーとして、
生計を立てていたんだとか。

 

 

そして、気になるのは、
東出さんに関するハーフ疑惑と通っていた大学ですね。

 

まず、ハーフだという噂についてですが、・・・

完全にデマのようですね。

 

確かに目鼻立ちがはっきりしていますから、
ハーフっぽいというのは分かりますが(笑)

特にハーフだとかそういうことではないようです。

 

ちなみに、お父さんは和食の料理人で、
お母さんも働いていて両親ともに働きに出ていたんだそうです。

その影響で料理もできるみたいですね。

お父さんが和歌山県出身とのことで、味付けは関西風なんだとか。

 

イケメンで身長が高くて、
運動が得意で料理もできるんですからどんだけ与えるんだと(苦笑)

 

 

次に大学ですが、
結構検索がされているみたいなので、調べてみました。

高校はというと朝霞高校というところで、偏差値は55とのこと。

 

肝心の大学ですが、
一切情報が出ていないようなんですね。

本人としても公表は特にしていないようです。

 

と、なると期待できるのは目撃情報ですが・・・
東出さんは、2006年から2011年にかけて、
パリコレに3回ほど出演されているんですね。

普通にモデルとしての仕事も合ったでしょうから、
ほとんど大学に通えていなかったのではないかと思われます。

なので、大学での目撃情報もほとんど無かったということなのでしょう。

 

本人のからの情報もなし、
目撃情報もなしということで特定は不可能でした・・・。

公表していないのは中退ということで負い目があるのかもしれませんね。

東出昌大2

 

ところで、東出さんのブログについて調べていると、
「東出昌大 ブログ stand by me」
「東出昌大 ブログ 閉鎖」というキーワードが。

確かにstand by meというブログが合ったようなのですが、
すでに閉鎖されてしまっているようですね。

 

もしかすると、モデルから俳優としての活動に切り替えた時に、
閉鎖してしまったのかもしれません。

実は俳優に転身してからというもの、
モデル業を一切やっていないんですね。

 

以前に雑誌の取材の中でも

「モデルという逃げ場を作りたくない」

ということを話していたそうですから。

ブログもそういった理由なんではないかと思いますね。

 

ただ、更新が止まっているわけではなく、
完全に閉鎖して見れなくなってしまっているので、
あくまでも推測になてしまうのでうが(苦笑)

 

 

最後に少し気になったのが、
「東出昌大 へそピ」というもの。

どうやら女性自身にそういう見出しが出ているみたいですね。

 

これまでに紹介してきた東出さんの情報と比べると、
これだけだいぶダーティーな噂です。

雑誌情報ですので、
飛ばし記事の可能性も高そうですね。

東出昌大&杏

今のところ画像が出てきていないので、
怪しい噂止まりで終わってしまいそうですね。

俳優を続けていれば、
どこかで脱ぐシーンも出てくるでしょうから、
その時までのお楽しみといったところでしょうか(苦笑)

 

黒い噂が出てくるということは、
それだけ注目されているということでも有りますね。

こういった噂に負けず、
これからも俳優業を頑張って行って欲しいですね。

 
Sponsored Links

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ