東山紀之に第二子!父との壮絶な生い立ちを払拭?ドラマ撮影中もミスを連発していた!

Sponsored Links

 
 

東山紀之

東山紀之さんと
木村佳乃さんの間に、

第二子が誕生した時の
裏話が出ていて話題になっていますね。

第一子が2011年ですから、
2歳差の兄弟ということになりますね。
今回は第二子ですから、
東山紀之さんも第一子の時よりは落ち着いたのかな?

と、思いきや、全然そんなことはなかったようです(笑)

では、第二子の誕生間近、どういう状況だったのかというと・・・

Sponsored Links

まず、このエピソードが語られたのは、
2013年7月10日に行われた、
NHKドラマ「七つの会議」の試写会でのこと。

実は、第二子が生まれた、5月29日は
このドラマの撮影期間だったようで、
出産間近の時期になってきた時に、
あの東山紀之さんが、

なんと、

ミスを連発していたというのです!

それは、共演していた吉田鋼太郎さんが語っており、
「芝居どころでなかったんですね。とても人間的なお父さんの一面を垣間見ました。」
と、その頃のことを振り返っていました。

東山紀之さんといえば、
完璧主義的な一面がテレビを見ているだけでも伝わってくるほどですから、
共演者の方となれば、さらに驚くのも無理ないですね(笑)

あの大スターの東山紀之さんも、
子供をまえにするとただのお父さんのようです。
想像がつかないですよね。

そんな、今では幸せいっぱいの東山紀之さんですが、
実は、幼少期はとても壮絶な生い立ちをもっておられるようです。

それは、「週刊朝日」で綴ったコラムの中で詳細に書かれていました。

「僕は父の名前も顔も知らない」
という衝撃的な言葉が掲載。

リアルタイムでこの記事を読んだ人は
とんでもなくびっくりしたと思います。

さらにその中では、
・父が酒とギャンブルにまみれ、借金取りから逃げるため、家族は住まいを転々
・東山紀之さんが3歳のとき、妹が生まれてすぐ、両親は離婚した
・母子3人の生活を「僕にとってはごく自然な光景であった」と振り返っている
・(母が再婚した)新しい父を好きになれなかった
・祖父が酔って暴れ、ひっくり返ったポットの熱湯で両足に大やけどを負った
・大やけどを負った左足は変形し、今も痛む
・本格的な筋力トレーニングを始めたのも、やけどした足をかばって傷めた軟骨の負担を軽くするためだった

などなど・・・
かなりショッキングな内容でした。

体を鍛えているのは、
正直ただの趣味だと思っていたのですが、
そんな過去まであったなんて・・・。

今の光輝く東山紀之さんからは想像もつきませんよね。

images (4)
でも、だからこそ、
木村佳乃さんとの間に生まれた自分の子を
そんな風に大事に大事に思えるのではないのかな?とも思います。

そういう過去があるからこその、親バカなのかもしれませんね。

そういう意味では、
これから育っていく第二子の子にも
めいいっぱいの親バカでいて欲しいですね!

 
Sponsored Links

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ