加藤浩次が27時間テレビで山本圭一さんの復帰を語る!事件の真相とは!?現在は一体何をしてるのか!?

Sponsored Links

 
 

加藤浩次

現在バラエティに司会業と、
大活躍の加藤浩次さん。

そんな加藤浩次さんが、
毎年恒例の27時間テレビの
めちゃイケに出演。

人気企画の「爆裂お父さん」にて、
山本圭一さんについて語った場面が話題になっています。

そもそも、話題になったのは、
あの騒動以降完全復活を果たした指原さんでした。

どういう内容だったかというと・・・・

Sponsored Links

 

元々、恋愛禁止のAKB在籍中に、
ファンの男性と恋愛をしてしまっていたということで、
バッシングを受け、HKT48で活動をしていた指原さん。

1年の「禊ぎ」を経て、
今年なんとAKB総選挙で1位に輝いたのは記憶に新しいですね。

 

その指原さんが、HTK時代を振り返って、
「1年間は長かったですよ。頑張ってきました」と発言。

それに対して、加藤さんの発言がこちら、

「1年?あいつは7年頑張っている。」
「(宮崎で山本が働いていた)肉巻きおにぎりの会社つぶれちゃったんだよ。
今は広島で鉄板焼きをやっている。
ここからあいつはお寺に入ろうとしています」

と発言。

 

現在は鉄板焼き屋さんなんですね。

山本さんが、肉巻きやで働いていた、
というのは、ネットではかなり有名でした。

その肉巻き屋の広報として、
テレビにもちらっと写ったことがあり、当時かなり話題になりました。

山本圭一

しかし、その肉巻き屋さんが潰れてしまっていたんですね。
それは知りませんでした。

現在は広島にいるとのことですが、
今回の加藤さんの発言から山本さんを追いかける人も出てくるかもしれませんね。

そっとしておくのがいいのか、
どんな形でもメディアに出ていたほうがいいのか、
もし復帰できるとして、どちらがいいのかなんてわからないですよね。

 

それにしても、
こんなにすんなり山本さんの現在の状況を言える、と言うことは
芸能界を去った後の山本さんとも頻繁に連絡をとっているようですね。

未だに「極楽とんぼ」の加藤さんですし、
相方山本圭一さんへの思いは強いのかもしれません。

 

話をもどして、その後
すかさず指原さんが「鉄板焼きで成功するかも!」
とフォローを入れても、「鉄板焼きの成功なんて望んでいませんよ!」
と、応戦。

 

そして、
「全国の皆さん、あいつを許してください」
とかなり切実な発言。

 

いつもの爆裂お父さんとは少し雰囲気が違いました。

騒動から1年で復帰した指原さん、
かたや騒動から7年たっても全く復帰の見込みのない相方山本さん。

う~ん、心にくるものがあったのかもしれません。

 

 

ところで、7年前の山本圭一さんが起こした騒動、
今でも復帰に至れない真相とはなんなのでしょうか?

そもそも、山本さんが起こした騒動ですが、
当時在籍していた「茨城ゴールデンゴールズ」での遠征先でのこと。

山本圭一

北海道の函館へと遠征していたそうなのですが、
そこで当時17歳の少女と仲良くなり、そのままお持ち帰り。

その後山本さんは訴えられ、警察で事情聴取を受けることに。
結局は示談で済みましたが、お金を積極的に要求していたことから、
美人局(つつもたせ)だったんじゃ?と、当時も話題になりました。

 

しかし、そんなことより何より、
「茨城ゴールデンゴールズ」の監督欽ちゃんを怒らせてしまったのが、
山本さんが芸能界に復帰できない一番の原因のようです。

しかし、芸能界に復帰できないのは、
どうやらそれだけではないようなのです。

 

調べてみたら、あの騒動以降も、
酒・ギャンブル・女を全くやめられず、
制作側も「反省が見えず使いづらい」ということのよう。

 

ある番組での復帰の話が出た際に、
酒・ギャンブル・女をやめる約束をしたにもかかわらず、
その日のうちには破っていたんだとか。

これじゃ、使おうにも、
また問題を起こされたら・・・と思ってしまいそうです。

 

冒頭に、加藤浩次さんが言ってた
お寺に入ろうとしている、というのも、
この調子だと出来るのかどうか・・・(苦笑)

でも、昔、とんねるずの石橋貴明さんから、
「芸人としては100点、人間としては0点」と言われていたのですから、
それが山本さんの面白いところであったんですけど・・・・。

 

実際にやらかしてしまうと、
ただの使いづらい人になってしまうということですね。

しかし、石橋さんは当時べた褒めだったので、
石橋さんの事務所からの復帰も!?なんて噂まで出ています。

 

今回、27時間テレビで全国の視聴者に呼びかけた加藤さんですが、
山本圭一さんの復活はありえるのか!?
今後も注目して行きたいと思います。

 
Sponsored Links

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ