久保田雅人の現在って?実はつくってあそぼ終了後もワクワクさんとしてイベントで大人気って本当!?

Sponsored Links

 
 

久保田雅人

久保田雅人さんと聞いて、
ぱっと顔が浮かぶ人が、
一体どれくらいいるでしょうか?

久保田雅人さんとは、
実はあのワクワクさんの
お名前なのです。

 

小さい頃に「つくってあそぼ」を見ていた人には、
かなり懐かしい記憶になるかと思います。

そんな久保田雅人さんですが、
「つくってあそぼ」を引退後が話題になっています。

現在どうしているかというと・・・

Sponsored Links

 

かなりの数のイベントをこなしているんだとか。

その数なんと、年間に300本というから驚きです。

イベントで大人気というのは、どうやら真実のようです。

「つくってあそぼ」が終わったからといって、
休んでいる暇は無さそうですね。

 

 

そんな今でこそ、工作の伝道師として、
大人気の久保田雅人さん。

でも、どういう経緯でワクワクさんになったのか?

って気になりますよね。
ということで完全な好奇心で調べてみました(笑)

 

そもそも、久保田雅人さんは大学時代に、
劇団「プロジェクト・レヴュー」というところに所属されていたそうです。

その劇団が実は、
声優の三ツ矢雄二さんと田中真弓さんが設立された劇団だったので、
デビューはアニメ声優だったとのこと。

声優としては、実はあの有名な「タッチ」にも、
出演していたことがあるようです。

今の久保田雅人さんからは全く想像がつかないですよね。

 

その後、ワクワクさんとして活躍するきっかけとなったのが、
「わくわくおじさん」という、
「つくってあそぼ」の前身番組のオーディションに合格したことだったそうです。

そのオーディションは、
当時NHKで子供向け番組に出演していた
田中真弓さんに勧められて受けたオーディションだったとのこと。

田中真弓

田中真弓さんが後押ししていなかったら、
ワクワクさんが生まれていなかったのかもしれないんですね!
かなり運命的な感じがします。

 

そして、実際に番組が始まるわけですが、
そもそも、テレビへの出演経験すらないので、
当初は番組制作にかなり苦労されたようです。

テレビも初めて、工作もこれから、
そんな調子で上手いこと進めていけっていう方が無茶ですよね。

 

そんな訳で、最初の頃は、
幼稚園などをを回り、ノーギャラで工作ショーを行いながら、
工作の見せ方、伝え方を学んでいたそうです。

これは子どもたちが純粋に羨ましいですね(笑)

 

そして、番組にも慣れてきた頃、
久保田雅人さんはワクワクさん一本でやっていくことに決めたらしいです。

結果として、約23年も続いたわけですから、
この判断は間違っていなかったようです。

 

ちなみに、「つくってあそぼ」に出演されている時には、
民法には出演しないようにしていたんだとか。

確かに、小さい頃にテレビを見ていて、
ワクワクさん以外で久保田雅人さんを見たことは無かったです。

ワクワクさん&ゴロリ

きっと、ワクワクさん以外の久保田雅人さんの一面を見ていたら、
子供としてはびっくりしちゃいますよね。

ワクワクさんは、あくまでも、
「つくってあそぼ」のワクワクさんでしたから。

 

工作の練習や、出演するテレビを敢えて絞ったり、という
そういう見えない努力というのは、本当に凄いですよね。

真似しようと思って出来るものではないと思います。

久保田雅人さんは、
「生涯ワクワクさん宣言」をしているそうなので、
これからも、ワクワクさんの工作を見せ続けて欲しいですね!

 
Sponsored Links

 

タグ

2013年8月6日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:タレント

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ